雑記

タイトルに「コーヒー」または「喫茶店」がつく日本の曲ってやっぱりあまり思いつかない。コーヒーに関しては『コーヒー・ルンバ』、喫茶店に関しては『小さな喫茶店』が決定版だなあ。こうして見ると中野忠晴はやはり偉大だ。また気づいたら、ここに追加しよう。

 

1935:

小さな喫茶店(中野忠晴):

※ もともとはヴァイマル共和国で作られたタンゴ歌謡 “In einer kleinen Konditorei” (1929)

//

毎朝コーヒーを(南スリーシスターズ):

YouTube に存在せず (「日本ジャズ水滸伝 天の巻」にあり)

1937:

茶店哀話(豆千代):

小さな喫茶店(神田千鶴子):

1939:

一杯のコーヒーから(霧島昇、ミス・コロムビア):

1940:

楽しき喫茶店(中野忠晴):

1954:

40杯のコーヒー(江利チエミ):

1955:

茶店の片隅で(松島詩子):

※ 作曲は中野忠晴

1962:

コーヒー・ルンバ (西田佐知子):

コーヒー・ルンバ (ザ・ピーナッツ):

コーヒー・デイト(飯田久彦):

※ ジャケットの”MAG” の誤植がちょっと恥ずかしいので前の記事では紹介しなかった。

1972:

学生街の喫茶店(ガロ):

1973:

コーヒーサイフォン(古井戸):

※ 22:14から

コーヒーショップで(あべ静江):