King Porter Stomp

インターネットが最悪だと思うのは、あたりに流通しているいかにも耳障りのよい言葉やイメージに同調させられてしまうときである。それが最良だと感じるときは、自分にとってはまるで現実感を欠いている時間的、空間的に隔たった潜在的なものが、いまここの出来事となって顕在化するときである。それは何もインターネットに限らずすべての複製技術について言えることだと思う。それ自身では何の変化も生まない知識や情報から創造的な変化を生むために必要なものがあるとするならば、それは潜在的な細部へ惹かれる好奇心であり、異なる細部同士を共鳴させ生成変化させることであろう。”Out-of-Box Thinking” などと言ってしまえば簡単化の誹りを免れないかもしれないが、要は人間の記憶が本来もつ動的でネットワーク的な側面を活用して思考の枠 (mindset) から逸脱していくことである。イノベーションは異なるもの同士が遭遇し、そこで闘争も含まれる共鳴によって生じるとはよく言われることだが、ここでいう「異なる」にもニュアンスの差があることに注意したい。よく言われる「整列可能な差異」「整列不可能な差異」はその「差異の差異」を説明しようとするものだろう。「自分の考え」がもし創造されるとしたら、それは「他者」の中に「整列不可能な差異」を見出し、その絶対的ともいうべき差異が「自分」と結合して新たな「自分」へと生成変化させるときだけである。それは巷でいう「コミュニケーション」とはまったく意味が異なる。

 

閑話休題

 

Jelly Roll Morton は、この曲を1905年に作ったと言っている。King Porter というのは彼の友人のピアニストの名前からきているらしい(1938 年の Jelly Roll Morton の録音参照)。

 

1923:

Jelly Roll Morton:

1924:

Jelly Roll Morton and Joe “King” Oliver:

 

1925:

Lanin’s Red Heads:

※ Red Nichols (tp),  Miff Mole (tb),  ?Clarence Heidke, Alfie Evans (cl,sop,as),  George Slater (cl,ts) , ? Bill Krenz (p), Tony Colucci (bj), Joe Tarto (tu), Vic Berton (d), Sam Lanin (dir)

1926:

Jelly Roll Morton:

1928:

Fletcher Henderson and his Orchestra:

1932:

Fletcher Henderson and his Orchestra:

1933:

Fletcher Henderson and his Orchestra:

1934:

Claud Hopkins and his Orchestra:

1935:

Benny Goodman and his Orchestra:

※ Bunny Berigan, Nate Kazebier, Ralph Muzzillo (tp), Red Ballard, Jack Lacey (tb), Benny Goodman (cl), Toots Mondello, Hymie Schertzer (as), Arthur Rollini, Dick Clark (ts), Frank Froeba (p), George Van Eps (g), Harry Goodman (b), Gene Krupa (d), Fletcher Henderson (arr)

※ 既に別の記事で紹介済み。

1937:

Teddy Hill and his NBC Orchestra:

※  Bill Dillard, Dizzy Gillespie, Shad Collins (tp), Dicky Wells (tb), Russell Procope (cl,as) , Howard Johnson (as), Teddy Hill, Robert Carroll (ts), Sam Allen (p), John Smith (g), Richard Fullbright (b), Bill Beason (d)

Dizzy Gillespie が初めてソロでレコーディングした演奏

1937?:

Harry Roy and his Orchestra:

1938:

Glenn Miller and his Orchestra:

Jelly Roll Morton:

※ the Library of Congress によって録音されたもの

1939:

Harry James and his Orchestra:

※ Harry James, Tommy Gonsoulin, Claude Bowen, Jack Palmer (tp), Russell Brown, Truett Jones (tb), Dave Matthews, Claude Lakey (as), Drew Page, Bill Luther (ts), Jack Gardner (p), Bryan Kent (g), Thurman Teague (sb), Ralph Hawkins (dm)

1940:

Metronome All Stars:

※ Charlie Spivak, Harry James, Ziggy Elman (tp),  Jack Teagarden, Jack Jenney (tb), Benny Goodman (cl), Toots Mondello, Benny Carter (as), Eddie Miller, Charlie Barnet (ts), Jess Stacy (p), Charlie Christian (g), Bob Haggart (b), Gene Krupa (d), Fletcher Henderson (arr)//

Teddy Bunn:

Zutty Singleton and his Orchestra:

1944:

Harry James and his Orchestra:

1946:

Jimmy Dorsey and his Orchestra:

Louis Armstrong:

1956:

Merrill Moore:

1958:

Gil Evans and his Orchestra:

Cannonball Adderley (as)

1959:

Teddy Wilson Trio: