All of Me

最近、ずっとビリー  ・ホリディを聴いていたのだが、彼女も歌っている “All of Me” は いったい何人のアーティストが録音したのか想像もつかない。この曲を最初にレコードに録音したのは前回取り上げた Ruth Etting であり、1931 年のことであった。

 

 

歌詞は聞けばわかるように、ようするに「私のすべてを奪って」という他愛ないものである。ビリー・ホリディ とレスター・ヤング による “All of Me” の長すぎてSP盤に収録できなかった A.T. のことは知らなかったので初めて聴いてすごく感動した。

 

 

それから、よせばよいのに見たら泣くぞと思いながら、二人が共演した最後のセッションでもある例の Fine & Mellow (ビリー ・ホリディ作詞) の 動画を久しぶりで見てしまった。たぶん、これはテレビが過去に残したもっとも貴重な歴史的映像のひとつであろう。

 

 

 

 

ちなみに "Body and Soul” もビリー は歌っているが、これも、もともと 1930年ぐらいの曲でありトーチ・シンガーの Helen Morgan は、1930 年に録音しているのだから最初期の一人であるのは間違いないのだが、英語版の Wikipedia にも言及されていないのは何故だろう。

 

 

1957 年のビリー の絶唱はやはり素晴らしかった。