ダイナ

f:id:noriharu-katakura:20180105112309j:image

 

前の記事で書いたように『ダイナ』は、1923 年にブロードウェイで初演されたミュージカル “Kid Boots” がロング・ランを続けていた 1925 年のどこかで、そのミュージカルに導入され、エディ・カンターによって歌われた。以下のクリップは録音時期は不明だが、エディ・カンターが歌っている Dinah である。

 

 

同じ1925年に当時マンハッタンのクラブで歌っていた Ethel Waters がこの曲を録音し、1926 年にヒットさせた。

 

 

ヒットした Ethel Waters のものよりも The Revelers の録音の方がわずか早い。

 

 

Cliff Edwards (Ukulele Ike) の録音も 1925 年である。

 

 

その後に続いて、多くのアーティストが 1926年のほぼ同じ時期にこの曲を録音している。

 

 

1927 年以降、中野忠晴が最初に日本で録音した1934 年までの主な録音もあげておく(全部ではない)。なお分かるとは思うが、Jack Hylton のものは色々なアーティストのスタイルを真似てみせている。

 


 

 

Midge Williams の録音は中野忠晴のものよりも後だが中野の録音は Midge Williams が来日した(1933年に溜池にあったダンス・ホール「フロリダ」で『ダイナ』を演じた) ことがきっかけと言えるので彼女の録音もあげておく。

 

 

最後に日本の録音として、中野忠晴、ディック・ミネ、マーガレット・ユキのものだけをあげておく。