おもしろい (3)

前回の記事であげた「主題」において発現する機能とは、もっとも一般的に言えば物語の語りを分節することである。ここで注意しないといけないのは、短編小説の場合は特にそうなのだが、まったく同じ「主題」が単調に繰り返される例は寧ろ希であり、「主題」はその都度表情を変えることが多いということである。

 

たとえば梶井基次郎の短編『檸檬』を取り上げてみると、作品の冒頭に出てくる

 

えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。

 

という文章の「不吉な塊 (かたまり)」に注目してみると、「塊」として見なせる他の重要なものは明らかに「檸檬」であろう。「塊」の表情違いとして「不吉な塊」と「檸檬」を併置してみれば、この短編の構造はおおまかには明らかといえるし、「不吉の塊」と「檸檬」はその表情の違いによってほぼ対極的な機能を発現していることがわかる。


実際、「私」を苦しめている「不吉な塊」は、次のように記述されている。

えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。焦躁と云おうか、嫌悪と云おうか――酒を飲んだあとに宿酔があるように、酒を毎日飲んでいると宿酔に相当した時期がやって来る。それが来たのだ。これはちょっといけなかった。結果した肺尖カタルや神経衰弱がいけないのではない。また背を焼くような借金などがいけないのではない。いけないのはその不吉な塊だ。

「不吉な塊」は「私」という「話者」にも結局よく分からないものであり、「話者」はこの「不吉な塊」を漠然としたものとしてしか表現できていないし、その語りはどちらかというと支離滅裂である。

 

一方、「塊」のもう一つの表情である「檸檬」の方はどうであろうか。

レモンエロウの絵具をチューブから搾り出して固めたようなあの単純な色

 

丈の詰まった紡錘形の恰好


ここに引用されているように「檸檬」は「話者」にとってこのうえなく具体的な「存在」として活き活きと描写されている。それは「私」にとって具体的な「細部」と無媒介的に触れあえるものである。

握っている掌から身内に浸み透ってゆくようなその冷たさ

 

私は何度も何度もその果実を鼻に持っていっては嗅いでみた。


汚れた手拭の上へ載せてみたりマントの上へあてがってみたりして色の反映を量ったり、またこんなことを思ったり、――つまりはこの重さなんだな。――

 

この作品には以下の引用にあるように「二重写し」という言葉が出てくることに注意したい。

錯覚がようやく成功しはじめると私はそれからそれへ想像の絵具を塗りつけてゆく。なんのことはない、私の錯覚と壊れかかった街との二重写しである。

「不吉な塊」と「檸檬」とは「塊」の異なる表情として二重化されたものである。「私」は「不吉な塊」に「想像の絵具を塗りつけ」具体化しそれを直接握りしめ、「この重さなんだな」と確認することで、「不吉な塊」を別の表情へと変容させてしまったのである。「檸檬」を丸善に残して立ち去るとは、したがって「私」が漠然とした「不吉な塊」の抽象性から一時的にせよ解放されたことを意味するのは言うまでもない。