おもしろい(2)

説話論と主題論の実例。

 

正岡子規には『わが幼時の美感』という文章があって、下はその冒頭部分を引用したものである。

極めて幼き時の美はただ色にありて形にあらず、まして位置、配合、技術などそのほかの高尚なる複雑なる美は固より解すべくもあらず。その色すらなべての者は感ぜず、アツプ(美麗)と嬉しがらるるは必ず赤き花やかなる色に限りたるが如し。乳呑子ちのみごのともし火を見て無邪気なる笑顔をつくりたる、四つ五つの子が隣の伯母さんに見せんとていと嬉しがる木履ぽっくりの鼻緒、唐縮緬とうちりめんの帯、いづれ赤ならざるはあらず。こころみにおもちや屋の前に立ちて赤のまじらぬ者は何ぞと見よ。白毛黒髪の馬のおもちやにさへ赤き台の車はつけてあるべし。

つまり子規は幼いとき「赤色」が異常に好きだったことがわかる。こういった「赤色」のような「心の動き」のきっかけを作品の話者が語る具体的細部としてあくまで唯物論的に見出していくのが「主題論」であろう。そして眼には見えない「心の動き」をその「主題=具体的細部」が語りを実際に変容させる「説話論的変容」としてこれもまた具体的に確認していくのである。

 

蓮實重彦の著作『赤の誘惑』には、子規の病床での日記『墨汁一滴』の冒頭二日間 (1/16, 1/17) が引用されている。

 

病める枕辺まくらべに巻紙状袋(じょうぶくろ)など入れたる箱あり、その上に寒暖計を置けり。その寒暖計に小き輪飾(わかざり)をくくりつけたるは病中いささか新年をことほぐの心ながら歯朶(しだ)の枝の左右にひろごりたるさまもいとめでたし。その下に橙(だいだい)を置き橙に並びてそれと同じ大きさほどの地球儀を据すゑたり。この地球儀は二十世紀の年玉なりとて鼠骨(そこつ)の贈りくれたるなり。直径三寸の地球をつくづくと見てあればいささかながら日本の国も特別に赤くそめられてあり。台湾の下には新日本と記したり。朝鮮満洲吉林きつりん黒竜江(こくりゅうこう)などは紫色の内にあれど北京とも天津とも書きたる処なきは余りに心細き思ひせらる。二十世紀末の地球儀はこの赤き色と紫色との如何いかに変りてあらんか、そは二十世紀初はじめの地球儀の知る所に非あらず。とにかくに状袋箱の上に並べられたる寒暖計と橙と地球儀と、これ我が病室の蓬莱(ほうらい)なり。

 

枕べの寒さ計ばかりに新年の年ほぎ縄を掛けてほぐかも


(一月十六日)

 

一月七日の会に麓(ふもと)のもて来こしつとこそいとやさしく興あるものなれ。長き手つけたる竹の籠(かご)の小く浅きに木の葉にやあらん敷きなして土を盛り七草をいささかばかりづつぞ植ゑたる。一草ごとに三、四寸ばかりの札を立て添へたり。正面に亀野座(かめのざ)といふ札あるは菫(すみれ)の如ごとき草なり。こは仏(ほとけ)の座(ざ)とあるべきを縁喜物(えんぎもの)なれば仏の字を忌みたる植木師のわざなるべし。その左に五行(ごぎょう)とあるは厚き細長き葉のやや白みを帯びたる、こは春になれば黄なる花の咲く草なり、これら皆寸にも足らず。その後に植ゑたるには田平子(たびらこ)の札あり。はこべらの事か。真後(まうしろ)に芹(せり)と薺(なずな)とあり。薺は二寸ばかりも伸びてはや蕾(つぼみ)のふふみたるもゆかし。右側に植ゑて鈴菜(すずな)とあるは丈(たけ)三寸ばかり小松菜のたぐひならん。真中に鈴白(すずしろ)の札立てたるは葉五、六寸ばかりの赤蕪(あかかぶら)にて紅(くれない)の根を半ば土の上にあらはしたるさま殊ことにきはだちて目もさめなん心地する。『源語(げんご)』『枕草子(まくらのそうし)』などにもあるべき趣おもむきなりかし。


あら玉の年のはじめの七くさを籠に植ゑて来(こ)し病めるわがため

 

(一月十七日)

 

「赤」の主題は、話者が「赤」を眼にすることで、1901年1月に設定されている時間をいきなり20世紀末という語りの時点からの未来や、『源氏物語』と『枕草子』の書かれた遠い過去へ移行させるという「説話論的」機能を発現させていることがわかる。一番最初の引用をテクストと見るならば、話者は「赤」を契機に幼時の思い出として過去を語っていることになる。

 

子規の作品では「赤」の「主題」が時間を移行させる「説話論的」機能を発現させるというのはどこまで有効なのであろうか?たとえば子規のだれでも知っている俳句、

柿食えば 鐘がなるなり法隆寺

は、柿の「赤さ」に注目した場合、法隆寺という歴史的建造物に語りが結びついている。次の和歌の場合もいいだろう、

梅の花ぞめ産衣うち着せて 神田の神に千代をこそ祈れ

「赤」が主題として出てくる子規の作品は、それこそたくさんあるが、すべてがいま言ったような説話機能に結びつくわけではない。しかし、映画でいえばキャメラが続けてロングに引かれて全体の情景を見せるような語りにはなっていることが多い。

くれなゐの 二尺伸びたる 薔薇の芽の 針やはらかに 春雨のふる


鶏頭の十四五本もありぬべし


春風にこぼれて赤し歯磨粉

 

赤き牡丹白き牡丹を手折りけり 赤きを君にいで贈らばや

 

赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり

 

子規の作品という環境に置かれたときに「赤」という主題は、時間を移行させたり、遠景へと視点を移行させたりする潜在機能をはじめて発現すると考えられるので、この機能発現は「子規」ととりあえず呼ばれる話者固有の「語り」を特徴づける。そしてそれは、コンテクストから漂流したり遅延化したりすることで、漠となったり「わかりやすい嘘」となって固定化された「正岡子規」のイメージを批判可能にする。

 

ここからは音楽。ビックス・バイダーベックの演奏を聴く。