Ida! Sweet as Apple Cider

ディック・ミネに 『アイダ』というタイトルをもつレコーディングがある。レコーディングは 1936 年の 11 月になっている。

 

もちろん、この二年前の1934年に、ミネが同じ女性名をタイトルに持つ『ダイナ』をヒットさせたことは周知の通りであるが、杉原泰蔵のアレンジはなかなかのものではないだろうか。

 

この曲はもともとアル・ジョルスンやエディ・カンターの先達にあたり、ミンストレル・ショーの歌手であったエディ・レオナードが 1903 年に作曲したものである。そのエディ・レオナード自身が歌っている音源が残っている(録音時期は不明)。

 

 

1927 年のレッド・ニコルズとファイヴ・ペニーズの録音の紹介は落とせない。

 

 

いろいろなカバーが存在するがベニー・グッドマンのレコーディングは1937年でミネのレコーディングよりも後である。

 

 

Milton Brown のレコーディングは時期的には一致していると思ったが、1937年2月のレコーディングなので、これもミネのレコーディングよりも後なのである。