汚れた肉体聖女

この1958年の作品、シネマヴェーラ渋谷で上映したんだなあ。映画館のスクリーンで見るまたとないチャンスだったのに、残念。見たかった。お色気路線は、日活ロマンポルノが最初ではもちろんなく、大蔵貢が率いた新東宝という映画会社の怪しいともいえる作品世界を忘れてはいけない (ジェンダーの扱い方にはかなりの問題があると思うけど)。映画館のスクリーンで見たいのは、このような作品であっても、日本映画の最盛期にはごく当たり前に凄い撮影や照明がなされていたってことを改めて確認したかったから。内容はともかく、綺麗だったろうな、高倉みゆき、大空眞弓をはじめとする女優さんたち。

 

 

f:id:noriharu-katakura:20171019164342j:image