1927-8 年のデューク・エリントン

1928年のルイ・アームストロングは確かに凄いが、デューク・エリントンもハーレムのコットン・クラブに1927年12月から出演するようになる。同じ年の10月にはアデレード・ホールとあの"Creole Love Call"をレコーディングしている。ボリス・ヴィアンはこう言っていた。

 

「この世で 2 つだけ存在し続けるものは何か? それは可愛らしい少女と一緒にいて感じるような愛、そして、ニュー・オリンズデューク・エリントンの音楽だけである。それ以外のものは全て消え去るべきである。ただ、ただ醜いだけなのだから……」

 

Creole Love Call:

 

Black and Tan Fantasy:

 

East St. Louis Toodle-Do:

 

Jubilee Stomp:

 

Swampy River:

 

The Black Beauty:

 

Take It Easy:

 

The Mooche:

 

Hot and Bothered:

 

I Must Have That Man:

 

 

f:id:noriharu-katakura:20170925233033j:image