セプテンバー・ソング

f:id:noriharu-katakura:20170923011628j:image

 

写真は、ウィリアム・ディターレ監督『旅愁』(1950, September Affair) のジョゼフ・コットンジョーン・フォンテインジョーン・フォンテインが10代から30代の女主人公を演じてみせた、マックス・オフュルス監督の『忘れじの面影』(1948, Letter From an Unknown Woman) は、中田秀夫監督に言わせると古今東西ベストワンの映画だそうであるが、それはマックス・オフュルスの映画という理由にとどまらないのだろう。

 

 映画の中で流れる『セプテンバー・ソング』の作曲はもちろんクルト・ヴァイルでウィリアム・ディターレ監督とは知己であった。クルト・ヴァイルは 1950 年に心臓発作で亡くなっており、イタリアを舞台にしたこの同年の映画でイタリアの音楽とはかけはなれた『セプテンバー・ソング』が流されることには特別の意味があったとしか思えない。なお、この映画でかけられるレコードで歌っているのは、ジョン・ヒューストン監督の父親である俳優 ウォルター・ヒューストンである。

 

日本でもザ・ピーナッツ、伊藤ゆかり、フランク永井、他多数によって歌われているし、合衆国では、フランク・シナトラビング・クロスビーエラ・フィッツジェラルドサラ・ヴォーン、他多数のカバーが存在する。

 

 

 

(本当は、シナトラはアルバム "September of My Years" の 1965 年版が圧倒的にいいと思う)

 

 

When I was a young man courting the girls

I played me a waiting game

If a maid refused me with tossing curls

I'd let the old Earth take a couple of whirls

While I plied her with tears in lieu of pearls

And as time came around she came my way

As time came around, she came

 

When you meet with the young girls early in the Spring

You court them in song and rhyme

They answer with words and a clover ring

But if you could examine the goods they bring

They have little to offer but the songs they sing

And the plentiful waste of time of day

A plentiful waste of time


Oh, it's a long, long while from May to December

But the days grow short when you reach September

When the autumn weather turns the leaves to flame

One hasn't got time for the waiting game

 

Oh, the days dwindle down to a precious few

September, November

And these few precious days I'll spend with you

These precious days I'll spend with you

 

クルト・ヴァイルの曲: