I Got Rhythm

ジョージ・ガーシュイン作曲、アイラ・ガーシュイン作詞によるこの曲は「リズム・チェンジ」と呼ばれるコード進行とともに誰もが知っていると思う。目下のところ YouTube でこのジャズ・スタンダードを検索するとアクセス数一位に日本人のアーティストが出てくる。

 

 

それは、ヴィンセント・ミネリ監督の『巴里のアメリカ人』(1951, An American in Paris) のジーン・ケリーによる名高いタップダンスのシーンさえ凌いでいる。

 

 

この 1930 年に出版された曲は、Tin Pan Alley 系の AABAのリフレイン構成をもっているが、Ethel Merman のものを聞くとイントロのヴァースがある。Ethel Merman は、1930 年のブロードウェイ・ミュージカル "Girl Crazy" で舞台デビューしたが、この曲はそのミュージカルの第一幕のクロージングの場面で初めてMerman によって歌われた。

 

 

なお、このミュージカルは、ジンジャー・ロジャースが出演していたことでも知られている。

 

f:id:noriharu-katakura:20170917113028j:image

 

レコーディングは、ミュージカルで演奏したFred Rich オーケストラによる1930年のものがもっとも早い。

 

 

Ethel Waters による同年のレコーディングには、すでにイントロのヴァースはない。

 

 

Red Nichols の Brunswick でのレコーディング。

 

 

ジョージ・ガーシュイン自身がピアノを弾いている動画も残っている。

 

 

各種の演奏がありそれぞれ興味深いが、 キリがないので、アート・テイタムオスカー・ピーターソンの演奏のみをあげておこう。