チョビ髭大将

エドワード・サザーランド監督の『チョビ髭大将』(1926, It's the Old Army Game) は、それほど面白い作品とは思わないが、W. C. フィールズとルイーズ・ブルックスが共演している映画である。ルイーズ・ブルックスはこの頃なんとまだ二十歳であり、彼女の水着姿もみられる。もちろん、ハワード・ホークス監督の『港々に女あり』にも出演していないし、ましてドイツで『パンドラの箱』の運命の女「ルル」を演じてすらいない。彼女は、この映画がきっかけで、エドワード・サザーランド監督と短い間であるが結婚することになる。

 

『チョビ髭大将』の続編のような感じの扱いの作品に、グレゴリー・ラ・カーヴァ監督の『チョビ髭成功美談』(1926, So's Your Old Man) がある。原題は「それは、こっちの台詞だよ」ぐらいの意味だろう。作品の出来映えとしては、こちらのほうが遙かにいいと思う。主演は同じW. C. フィールズで、共演はアリス・ジョイス。サイレント版の『ボー・ジェスト』にブランドン夫人役で出演しており、1910年代から20年代にかけて100 本以上のサイレントに出演した女優である。この作品は、1934年にトーキー作品として『南瓜と御姫様 (You're telling me)』というタイトルでリメイクされていて、このリメーク作品にも、W. C. フィールズが主演している。

 

初期にアニメーション製作に関わり、『襤褸と宝石』や『ステージ・ドア』を監督したグレゴリー・ラ・カーヴァ監督は、W. C. フィールズと親友だったということであり、彼はクレジットこそないが、W. C. フィールズの短編についても手がけている可能性がある。

 

喜劇王 W. C. フィールズのトーキー時代のクリップを紹介しておこう。所有しているジョージ・キューカー監督の『孤児ダビド物語』のDVDのパッケージには、出演者として、W. C. フィールズの記載さえない。

 

 

 

 

f:id:noriharu-katakura:20170830065103j:image