或る雨の午后

80年代の初期に活動した「ゲルニカ」のアルバム『改造への躍動』(1982) に続いてほどなくEPで出た『銀輪は唄う』は戸川純の歌を照れだとさえ思えば、轟夕起子が映画『ハナ子さん』の主題歌として歌った『お使いは自転車に乗って』をちょっと思い出させるもので好きな曲だった。轟夕起子はもちろんマキノ雅弘監督の奥様 (昭和25年に離婚)だった方である。その後は、やれやれやっぱりこの路線を行くのかと思わせるもので、熱心な追っかけはやめてしまっのたが、なにかの拍子で聞いた『或る雨の午后』が良かった。もともとはディック・ミネの曲である。

 

 

マキノ雅弘監督の傑作『鴛鴦歌合戦』(1939) には、服部富子(服部良一の妹)の『満州娘』とともにディック・ミネの殿様が歌う曲にこの『或る雨の午后』のメロディーが巧みに織り込まれている。

 

ということで、服部富子の『満州娘』も一緒に紹介しておこう。

 

 

f:id:noriharu-katakura:20170820203615j:image