東京ブルース

日本初のレコード歌手と言われる佐藤千夜子の歌が苦手なので『東京行進曲』の YouTube は紹介しないのだが、西條八十が同じく作詞し、服部良一が作曲した『東京ブルース』(1939) は補足として紹介しておこう。

 

 

『東京行進曲』から10年経過しているが、銀座から始まって新宿で終わる構成はほぼ同じである。二番目の歌詞にあるプラネタリウムは、カール・ツゥアイス製のもので、戦前の日本にはプラネタリウムは大阪と東京の二ヶ所しかなかった。東京のものは有楽町の東日天文館(1938オープン) にあった。「東日」とは「東京日々新聞」つまり現在の「毎日新聞」のこと。「絽ざし」なんて分かる人は少ないかも。また、同年に公開された東宝映画『東京ブルース』(1939, 斎藤寅次郎監督) はフィルムが現存しているかどうか知らない。ディック・ミネ、奥山彩子、「あきれたぼういず」の川田義雄が出演しているという。