ディートリッヒのオーディション

まず、1928 年の米国のヒット曲 "You're the Cream in My Coffee" をAnnette Hanshaw の歌で聞いてみる。

 

 

なお、曲の最後で彼女が "That's all." と言っているが、これは多くの彼女のレコーディングで聞かれる。実際そうであることを確認するために、この20年代を代表する歌手の別の曲を紹介したい気もするがやめておく。

 

 "You're the Cream in My Coffee" という曲に戻ると、歌詞は本当に他愛ないもので、曲のタイトルはコーヒーにクリームが必要なように私にはあなたが必要なのよというような内容である。

 

この他愛もない曲がなぜ現在に召喚されないといけないかというと、それは、まだドイツにいたマレーネ・ディートリッヒが、『嘆きの天使』のローラ (Lola Lola) 役のオーディションでジョセフ・フォン・スタンバーグによって見出されたときに、スクリーン・テストでこの曲を歌ったという事実があるからである。このことはディートリッヒ自身がそう語っているのだが、YouTubeを見ていたら、このテストの様子が実際に残っている。クリップの最初の方にスタンバーグ、ディートリッヒの名前が一緒に記載されているが、この映画史の神話的な名前の組合せが無造作に提示されていることに驚く。

 

 

最後にディートリッヒは何か言っているが、役を終えてピアノの人に謝っているのだろう。『嘆きの天使 』(Der Blaue Engel, The Blue Angel)は、ウーファでドイツ最初のトーキーとして撮影され、1930 年 4 月 1 日にドイツで公開されている。しかし、本当に綺麗な足である!

 

f:id:noriharu-katakura:20170820185728j:image