A Lover’s Concerto

そういえば、Sarah Vaughn の S の後の a は /e/ で読む。augh は /ɑː/ でよい。

 

日本語の5つの母音と米語の母音を照らし合わせてみると「い」の附近にはより弛緩した /ɪ/ とより 緊張した /i/ がある。「う」の附近にはやはり、より弛緩した /ʊ/ とより 緊張した /u/ がある。「え」は日本の辞書では /e/ と表記されるが、本当はもう少し口を開く /ɛ/ のみが対応する。「お」は米語では単独では /ɔ/ が使用されることはなく、/ɔː/ も 今や /ɑː/  や /ɑ/ (/ɑː/  や /ɑ/ や円唇の /ɒ/ の音の間の違いがそもそも区別されない) に融合しているのでこれも対応しない。残っているのは /oʊ/ とか “or” の発音 /ɔɚ/ のような場合である。なお英語の場合は母音が r-linking しないので、そこまで母音を融合させてしまうと単語の違いを区別する手段がなくなるので発音の弁別は残るんだと思う。米語は æ と ɑ の違いと、r-linking する/しないが弁別にとって重要なのである。従って意味のない r 音の挿入(いわゆる巻き舌や、口の中で舌が泳いでいて何かの拍子でそれが動くような場合)は要注意である。たとえば、母音融合した状態では guard と God の弁別は r-linking のある/なしでしかない。/æ/ と /ɑ/ の違いを厳密にしない場合には、英語の場合のように /ɔː/ と /ɑː/ とかの区別は必要かもしれない。

※ or の綴りで o の前に w がある場合は発音は変わることが多い ( worry, worship, world, worth, work など /ɚ/で発音するが、w を発音しない sword や、発音しても/ɔɚ/のままの sworn や ウスター・ソースの Worcester のように /ˈwʊstə/  と読む反則に近い綴りもある) がそれ以外は、or は/ɔɚ/か/ɑɾ/ で読めば良い。

例 :foreign, foreigner, born, cord, store, orange, oral, tutorial, for, fore, ford, fork, form, north, short, sport, storm, thorn,  Doris, Gloria, chore, core, editorial, moral, more, orient, notorious, origin, cordial, corridor, corner, important, Oregon, horror, orchestra, orphan

 

「あ」には米語の場合、三つが対応しているということをしつこく紹介してきた。すなわち 「あ」より前舌の  /æ/, 後ろ舌の /ɑ(:)/, love の /ʌ/ である。

 

曖昧母音の /ə/ は中舌母音ともいわれるようにもっとも自然な口の状態で出される音だが、これを「あ」には対応させたくない。それはすべての母音の発音の弛緩した「零度」のようなものであり、日本語でいえば「間」のようなものであり、強弱のリズムを作るために入る音であり、ときには無音にさえなる調音位置さえ弛緩の程度で異なる明確でない音である。

 

 

※  

/ʌ/: love, color, some, wonderful, once, above, just

/æ/: magic, shall

/ɑ/: fall, softly, belong, upon, walk, beyond

/oʊ/:  lonely, don’t, hold

/ɑɚ/: heart, part, arm

/ɚ/: bird, return, eternnally 

注:  /ɚ/ は r を発音すればいいのだが、声としては中舌母音としての  /ə/ (/ɜ/)が出ている。

 

How gentle is the rain
That falls softly on the meadow?
Birds, high up in the trees
Serenade the clouds with their melodies

Oh, see, there beyond the hill
The bright colors of the rainbow
Some magic from above
Made this day for us just to fall in love

Now, I belong to you
From this day until forever
Just love me tenderly
And I'll give to you every part of me

Oh, don't ever make me cry
Through long, lonely nights without us
Be always true to me
Keep this day in your heart eternally

Someday we shall return
To this place upon the meadow
We'll walk out in the rain
Hear the birds above singing once again

You'll hold me in your arms
And say once again you love me
And, if your love is true
Everything will be just as wonderful

 

You'll hold me in your arms
And say once again you love me
And, if your love is true
Everything will be just as wonderful

You'll hold me in your arms
And say once again you love me
And, if your love is true
Everything will be just as wonderful 
 

 

 

Stand by Me

YouTube で 2 億回近く再生されている1961年のこの曲をここであえて挙げるのは別に人生観が変わったわけではなく、前の記事で挙げた “Oh, Carol” 以外にも /æ/ の発音の典型例をもう一つ挙げておきたかったからである。前の記事でもあったように darlin’ の a は /ɑ/ の音で stand の a は /æ/ の音である。二つの母音とも日本語の 「え」「お」よりも口を開かないと発音できない。ちなみに最初のところの land は /æ/ の音で dark は /ɑ/ の音。come, tumble, crumble, trouble は /ʌ/, won’t, only は /oʊ/, long, fall は /ɑː/。

 

 

When the night has come
And the land is dark
And the moon is the only light we'll see
No, I won't be afraid
Oh, I won't be afraid
Just as long as you stand
Stand by me

 

So darlin', darlin'
Stand by me, oh, stand by me
Oh, stand, stand by me
Stand by me

 

If the sky that we look upon
Should tumble and fall
Or the mountain should crumble to the sea
I won't cry, I won't cry
No, I won't shed a tear
Just as long as you stand
Stand by me

 

And darlin', darlin'
Stand by me, oh, stand by me
Oh, stand now, stand by me
Stand by me

 

Darlin', darlin'
Stand by me, oh, stand by me
Oh, stand now, stand by me
Stand by me
Whenever you're in trouble, won't you stand by me?
Oh, stand by me
Won't you stand now?
Oh, stand, stand by me

 

Shoo Fly Pie and Apple Pan Dowdy

f:id:noriharu-katakura:20180717212359j:image

f:id:noriharu-katakura:20180717211459j:image

 

Shoo Fly Pie (写真上)と Apple Pan Dowdy(写真下) は Pennsylvania 州に移住してきたドイツ語圏の移民たちによる “Pennsylvania Dutch cuisine” のデザートである。この曲は、1945 年に出版された曲で Dinah Shore と Stan Kenton 楽団のものが有名である。

 


Shoo Fly Pie and Apple Pan Dowdy
Makes your eyes light up
Your tummy say "Howdy."
Shoo Fly Pie and Apple Pan Dowdy

I never get enough of that wonderful stuff
Shoo Fly Pie and Apple Pan Dowdy

Makes the sun come out
When Heavens are cloudy
Shoo Fly Pie and Apple Pan Dowdy
I never get enough of that wonderful stuff
Mama! When you bake
Mama! I don't want cake
Mama! For my sake
Go to the oven and make some ever lovin' Sh
Shoo Fly Pie and Apple Pan Dowdy
Makes your eyes light up,
Your tummy say "Howdy, "
Shoo Fly Pie and Apple Pan Dowdy
I never get enough of that wonderful stuff
 

Indescribably Blue

1966 年のプレスリーの曲。

 

 

Our friends all ask me
The last time I saw you
And I smile and tell them
It's been a day or two
There's no way to explain it
The way that I miss you
And my love, you have left me
Indescribably blue
I talk to your picture
My fav'rite one of you
I wish that you were here with me
But what good will it do
Having no way to tell you
The pain that I've been through
Oh, my love, you have left me
Indescribably blue
Yes, my love, you have left me
Indescribably blue

I Will Follow You

 

Follow の米語の発音は、/´fɑloʊ/ である。日本語にない発音のオンパレードであり、ストレスも最初の音節にかかる。/ɑ/ の音は直前の loveにある /ʌ/ と比較することができる。どちらも非円唇である(非円唇とは、円唇でなければ音はどれもそんなに変わらないということ)。/ɑ/ は後ろ舌で口の開きは最大である。口をガバッと開いて強勢を入れる感じである。

 

2 音節の動詞のストレスルールは、最後の1音節に着目して、その音節が二重母音を含むか長母音を含むか、母音の後に子音の発音を「二つ以上」続けるならば、最後の音節にストレスがきて、もしそうでなければ、その前の音節にストレスをおくというものである。/oʊ/ は二重母音なので、follow はこの規則の例外になる。同じような例外として borrow があり、やはり /oʊ/ のときである。同じ ow の綴りでも、allow は /ə’laʊ/ で 二重母音は /aʊ/ であり、この場合は規則に従っている。他の例を挙げるので確認してみて欲しい。

 

delay → 二重母音

maintain  →二重母音

insist → 母音の後に子音が二つ以上連続

answer → 短母音で子音が一つ

discover → 短母音 (er)

polish → (発音上は) 子音が一つ

 

動詞系には以上の規則の他に、音節が多い場合に適用される「代替規則」がある。これは


直前の規則において最後の音節に強勢がおかれる場合、その最後の「第1強勢」が、最後から2番目(最後を入れて3音節目) の音節に移動し、最後の音節は、「第2強勢」に代わる


という規則である。decorate, amplify などが例である。※ なお、接頭辞や接尾辞のある動詞には付加的なルールがあるがここでは触れない。

 

この曲では他に tr の発音がよく確認できるだろう。deep の語末の /p/ はほとんど聞こえないがその前の母音の微妙な音の変化から /p/ を聞き取ることができるようになるのである。

 

I love you, l love you, l love you
And where you go l'll follow, follow, follow
You'd always been my true love, my true love, my true love
From now until forever, forever, forever


I will follow you follow
Follow you wherever you may go
There isn't an ocean too deep
A mountain so high it can keep me away


I must follow you ever since you touched my hand I know
That near you I must always be
And nothing can keep you from me
You are my destiny


I love you, i love you, i love you
And where you go i'll follow, follow, follow
You'd always been my true love, my true love, my true love
From now until forever, forever, forever


I will follow you follow
Follow you wherever you may go
There isn't an ocean too deep
A mountain so high it can keep me away

 

 

雑記

すでに紹介した Ella Fitzgerald の “Bewitched, Bothered, Bewildered” は 20 世紀が残した美しい名唱だと個人的に思っている。

 

 

当然であるが、この曲だけでなく、英語の歌はライムに注目して聞く習慣をつける必要がある。詩や歌に限らず、ライムというのは、英語には本質的な意味があると思う。

 

以前、ヒッチコックの英国時代の映画をDVDで見ていたら、Mae West を 「マエ・ウェスト」と字幕に訳していて唖然としたことがあったがたとえ メイ・ウェストという女優を知らないとしても、「マエ」と読むのは、日本人ぐらいではなかろうかと感じたことがある。要は英語には存在しないローマ字読み(あるいはモーラ読み、CV読み)の体系にまず当てはめようとするのである。それはリスニングでも同じ事だと思う。母音の発音は、後の子音の並びや、語末の e などによって決まるファクターが多いなんてことは頭で分かっていてもそうしてしまうのである。

 

英語の単語の綴りと発音の関係があれほど一致しないのに、英語圏の子供たちは、どうやって新しい単語の綴りと発音の関係を覚えていくのであろうか?綴りと発音が一致しないなんてことがない日本語で育ったものとしては、非常に興味があるのであるが、本当のところはよくわからない。一般によく言われるのは、たとえば ”oo” には、"short oo" の発音と、”long oo" の2種類の発音があるとかいうフォニックスの知識を教えられることだが、それだけなのだろうか。フォニックスの知識だけでは例外が多すぎて、新しい単語を正しい発音で読むことは難しいと思うからだ。

 

Nursery Rhymes なんかを聞くと子供達は音節のライムに注目するということは確実にあると思う。

 

One, Two. Buckle my shoe
Three, Four. Open the door
Five, Six. Pick up sticks
Seven, Eight. Lay them straight
Nine, Ten. Do it again!

 

子供達は、CVに注目してローマ字読みすると、発音が一定性にかけ、多くの日本人がそうであるように音読する正確さに欠けることを自然に見出すのであろう。結局、英語の母音をどう発音するかは、母音文字単独で決まるということはありえず、音節のライムというグループの中で考えないと一定性が見出せないからである。

 

例えば、

 

child,

wild

 

の語末のライム部分 "ild" の読みは、常に一定である。しかし、これとても

 

kind

wind

 

のライム部分 ”ind" では、母音の読みが異なるので個別に覚えないといけないのが英語の困ったところだが、このような異なる発音の要求はライム・レベルでは絞られてくることも事実である。子供たちはフォニックスの知識とライム部分の一定性に着目し、この二つのルールを組み合わせて知らない単語の発音を徐々に記憶していっているという仮説は考えられる。いずれにしても CVC では、リスニングの際には C+VC の感覚であり、Vは最後のCとより強く結合する。

You Belong to Me

1952 年に発表されたこの曲は、数多くの歌手によって録音されたが Jo Stafford のものが最もヒットしたらしい。映画『キャロル』では この曲に関しては、Helen Foster のものが使われた。50 年代に海外でサービスをしている米国民から最もリクエストの多かった曲と言われている。

 

1952:

Joni James:

Patti Page:

Jo Stafford:

Helen Foster:

Dean Martin:

Sue Thompson:

Gordon MacRae:

Judy Garland:

Dennis Day:

1953:

Oscar Aleman:

Bing Crosby:

江利チエミ:

1958:

Gene Vincent:

1962:

Patsy Cline:

The Duprees:

 

 

See the pyramids along the Nile
Watch the sun rise on a tropic isle
But just remember, darling, all the while
You belong to me

 

See the marketplace in old Algiers
Send me photographs and souvenirs
Just remember when a dream appears
You belong to me

 

I'll be so alone without you
Maybe you'll be lonesome too and blue

Fly the ocean in a silver plane
See the jungle when it's wet with rain
Just remember till you're home again
You belong to me

 

I'll be so alone and without you
Maybe you'll be lonesome too and blue

Fly the ocean in a silver plane
See the jungle when it's wet with rain
But remember, darling, till you're home again
That you belong to me