That Old Feeling

この曲が挿入歌として使われたアーヴィング・カミングズ監督の『1938 年のヴォーグ』(1937, Walter Wanger's Vogues of 1938) は、本編を見たことがなく、下にあるクリップを見たきりである。


したがって、周辺的な事実しかわからないのだが、ともかくこの作品、マックス・ファクターが開発したカラー映画用のメーキャップ製品が初めて使われた作品である。この時期、ファッション雑誌『ヴォーグ』が、カラーのモード写真を掲載し始めた頃で、それに対抗しようとして(当時のハリウッドはファッションの先端でもあった)、ニューヨークのファッション・モデルをハリウッドへ送りこんで作った。カラー再現は加色法のテクニカラーで、カラー・コンサルタントはナタリー・カルマス、撮影はレイ・レナハンである。また、この映画を製作している、ウォルター・ウェンジャーは、非常に知的であったことで知られている独立/契約プロデューサーであり、彼が製作した映画はちょっとあげるだけでも『駅馬車』『果てなき船路』『暗黒街の弾痕』『スカーレット・ストリート』『扉の蔭の秘密』『歴史は夜作られる』『海外特派員』といった作品がある。この映画に出演しているジョーン・ベネットと 1940 年に結婚し、1951 年にジョーン・ベネットが彼女のエージェントと浮気している現場を見て激昂し、マネージャの股間をピストルで撃つというスキャンダルを起こしたことでも知られている。

※ 演奏は一部の紹介に留まる。


1937:
Shep Fields:

Guy Lombardo and His Royal Canadians:

1938:
Teddy Wilson:

Fats Walker:

1945:
Peggy Lee:

Count Basie:

1947:
Ella Fitzgerald:

1948:
Frank Sinatra:

Doris Day:

1956:
Chet Baker:

1957:
Stan Getz and Gerry Mulligan:

Louis Armstrong and Oscar Peterson:

1963:
Anita O'Day:

I saw you last night and got that old feeling
When you came in sight, I got that old feeling
The moment that you danced by, I felt a thrill
And when you caught my eye, my heart stood still
Once again I seemed to feel that old yearning
And I knew the spark of love was still burning
There'll be no new romance for me, it's foolish to start
For that old feeling is still in my heart

雑記(3)

ちょっと前の本読んでいたら「昨日マー坊 今日トミー」というフレーズが出てきて、これって『圭子の夢は夜ひらく』の歌詞の一部だってすぐに分かってしまうなあ。『夢は夜ひらく』はもちろん藤圭子のものも好きだけど、園まりと三上寛のものも良い。三上寛のものは当時放送禁止だったらしい。

 

 

藤圭子は『緋牡丹博徒』(←漢字変換ができない) をよく聞いたなあ。もちろん加藤泰 監督の映画の影響。さすがに、藤純子が歌うのより上手い。

 

 

マキノ雅広監督の傑作『昭和残侠伝 死んで貰います』(←漢字変換ができない) をまた見たくなってしまった。

 

Sway

¿Quién será? は、1953 年に作られて、1954 年に Dean Martin が “Sway” として英語の歌詞で歌った。ラテン系の歌手をほとんど知らないので、掲載が出来ず残念である。ただ、Pedro Infante の1953年のクリップはメキシコ映画の黄金期のものだと思って興味深かったが、この映画、どうも1936年のグレゴリー・ラ・カーヴァ監督の『襤褸(つづれ)と宝石』(My Man Godfrey) の翻案らしい。元の映画の方の主演は、キャロル・ロンバードウィリアム・パウエルであった。キャロル・ロンバードはこの作品でアカデミー主演女優賞にノミネートされている。

 

※ 英語の歌詞は、Dean Martin のものにある。

 

1953:

Pedro Infante:

1954:

Dean Martin:

Eileen Barton

1959:

ザ・ピーナッツ:

1960:

Rosemary Clooney:

Bobby Rydell:

Eydie Gormé:

Trio Los Panchos:

1961:

Ben E. King:

1963:

Julie London:

Cliff Richard:

Forgive Me

森山良子ではなく、森山加代子の『じんじろげ』の元歌はインド民謡の『ヒラミルパニア』という曲だという説があるが、歌詞の中にベンガルという言葉が出てくるので、ベンガル地方の歌らしい。今度、バングラデシュに行ったら知っているか聞いてみよう。知らないだろうな。

 

森山加代子つながりで、Babs Tino の “Forgive Me”。ちょっとアナクロ

 

1962:

Babs Tino:

中尾ミエ:

梅木マリ:

1963:

森山加代子:

Noelene Batley: 

 

As much as I love you

As much as I need you

Like a fool,  I let you down

Played around all over town!

Forgive me for giving you such a bad time

For making you blue

For making you sad

And for giving you such a bad time!

But I swear, if you just give me a chance to

I'll make it all up to you –

Forgive me for giving you such a bad time!

I was wrong but I've learned –

Even fools live and learn!

 

Like a fool I let you down

Played around all over town!

Forgive me for giving you such a bad time

For making you blue

For making you sad

And for giving you such a bad time!

But I swear, if you just give me a chance to

I'll make it all up to you –

Forgive me for giving you such a bad time!

I was wrong but I've learned –

Even fools live and learn!

 

 

 

Pineapple Princess

f:id:noriharu-katakura:20180927183312j:image

 

まず、昨日の曲 (It’s M’y Party) には続編の”Judy ‘s Turn to Cry” (1963) があるので、一応紹介しておく。Judy’s の s は……もう説明はやめておく。

 

 

この曲のあるアルバムは、”cry” を主題にしているが、そこから好きな “Just Let Me Cry”.

 

 

Oh, stars on high, why can't I make you see

that I don't want your light to shine on me?

He said good-bye. Just let me cry.

Don't let me hear the robins sing above.

What good's their song if I've no one to love?

He said good-bye. Just let me cry.

Hide every lovely flower from my sight.

Don't let that dreamy moon come out, oh, tonight.

And please don't let me see two lovers kiss.

Don't let me be reminded what I miss.

He said goodbye. Just let me cry.

 

He said goodbye. Just let me cry.

Just let me cry. Just let me cry……

 

全然変わって、1960 年の Anette Funicello の歌。今でもこの曲でフラダンスしている人をよく見るなあ。

 

 

1960:

松島トモ子:

※ 参考: 同じ年の松島トモ子によるカバーの『ピンク・シュー・レーセス』。

1961:

田代みどり:

 

Let’s take our beach party to the beautiful island of Oahu, where he sang this song to me all day long.

 

Pineapple princess, 

He calls me pineapple princess all day

As he plays his ukulele

On the hill above the bay.

“Pineapple princess, I love you.

You're the sweetest girl I've seen.

Some day we're gonna marry

And you'll be my pineapple queen.”


I saw a boy on Oahu isle,

Floating down the bay on a crocodile.

He waved at me, and he swam ashore,

And I knew he'd be mine forevermore.

 

Pineapple princess, 

He calls me pineapple princess all day

As he plays his ukulele

On the hill above the bay.

“Pineapple princess, I love you.

You're the sweetest girl I've seen.

Some day we're gonna marry

And you'll be my pineapple queen.”

 

He sings his song from banana trees.

He even sings to me on his water skis.

We went skin-diving and beneath the blue.

He sang and played his ukulele, too.

 

“Pineapple princess, I love you.

You're the sweetest girl I've seen.

Some day we're gonna marry

And you'll be my pineapple queen.”

 

We'll settle down in a bamboo hut.

And he will be my own little coconut.

Then we'll be beachcombing royalty

On wicky wicky wacky Waikiki.

 

Pineapple princess, 

He calls me pineapple princess all day

As he plays his ukulele

On the hill above the bay.

“Pineapple princess, I love you.

You're the sweetest girl I've seen.

Some day we're gonna marry

And you'll be my pineapple queen.”

 

 

It’s My Party

1963 年の Lesley Gore のデビュー曲であり、Quincy Jones の最初のプロデュース曲でもある。

 

昨日の続きで、“Of course.” の f が通常、/f/ と無声化したり、”have to” や “has to” や “had to” の v や s や d が無声化したりするのは、別に特別な現象ではなく、やはり「同化」の一種である。曲の中で  “would cry” の d は次の c の /k/ の破裂を準備して /k/ として溜められている。また “It happened to you.” の d は /t/ に変化している。“When he’s supposed to be mine” の d も /t/ である。 ”But leave me alone” のところは /v/ の発音のまま/m/ のように鼻に息が抜ける要領なのだと思う。つまり、/b/ に近い音に変化している。日本語だって「乾杯」は、別々に発音すれば「かん」「はい」だが、一緒に発音すれば「かむぱい」となるのと同じような現象である(← ちょっと違うか)。

 

Stop! In the Name of Love

1965 年の The Supremes のこの曲は、キャンディーズピンクレディーですら歌っており、ここであえて取り上げる積極的な理由など、どこにも見出せないのだが、バックのドラムが不気味なまでの機械的反復を刻む中で、ダイアナ・ロスが、そのリズムを超えた等時性に英語の音節をのせて歌っているのに、なにか説明ができない実存的な戦慄を感じたので掲載することにした。

 

Stop! In the name of love

Before you break my heart

Baby, baby

 

I'm aware of where you go

Each time you leave my door

I watch you walk down the street

Knowing your other love you'll meet

But this time before you run to her

Leaving me alone and hurt

(Think it over) After I've been good to you?

(Think it over) After I've been sweet to you?

 

Stop! In the name of love

Before you break my heart

Stop! In the name of love

Before you break my heart

Think it over

Think it over

 

I've known of your, 

Your secluded nights

I've even seen her,

Maybe once or twice

But is her sweet expression

Worth more than my love and affection ?

But this time before you leave my arms

And rush off to her charms,

(Think it over) Haven't I been good to you ?

(Think it over) Haven't I been sweet to you ?

 

Stop! In the name of love

Before you break my heart

Stop! In the name of love

Before you break my heart

Think it over

Think it over

 

I've tried so hard, hard to be patient

Hoping you'd stop this infatuation

But each time you are together

I'm so afraid I'll be losing you forever

 

Stop! In the name of love

Before you break my heart

Stop! In the name of love

Before you break my heart

Stop! In the name of love

Before you break my heart

Baby, think it over

Think it over, baby

Ooh, think it over baby