音楽

A Lover’s Concerto

そういえば、Sarah Vaughn の S の後の a は /e/ で読む。augh は /ɑː/ でよい。 日本語の5つの母音と米語の母音を照らし合わせてみると「い」の附近にはより弛緩した /ɪ/ とより 緊張した /i/ がある。「う」の附近にはやはり、より弛緩した /ʊ/ とより 緊…

Stand by Me

YouTube で 2 億回近く再生されている1961年のこの曲をここであえて挙げるのは別に人生観が変わったわけではなく、前の記事で挙げた “Oh, Carol” 以外にも /æ/ の発音の典型例をもう一つ挙げておきたかったからである。前の記事でもあったように darlin’ の …

Shoo Fly Pie and Apple Pan Dowdy

Shoo Fly Pie (写真上)と Apple Pan Dowdy(写真下) は Pennsylvania 州に移住してきたドイツ語圏の移民たちによる “Pennsylvania Dutch cuisine” のデザートである。この曲は、1945 年に出版された曲で Dinah Shore と Stan Kenton 楽団のものが有名である。…

Indescribably Blue

1966 年のプレスリーの曲。 Our friends all ask meThe last time I saw youAnd I smile and tell themIt's been a day or twoThere's no way to explain itThe way that I miss youAnd my love, you have left meIndescribably blueI talk to your pictureM…

I Will Follow You

Follow の米語の発音は、/´fɑloʊ/ である。日本語にない発音のオンパレードであり、ストレスも最初の音節にかかる。/ɑ/ の音は直前の loveにある /ʌ/ と比較することができる。どちらも非円唇である(非円唇とは、円唇でなければ音はどれもそんなに変わらない…

雑記

すでに紹介した Ella Fitzgerald の “Bewitched, Bothered, Bewildered” は 20 世紀が残した美しい名唱だと個人的に思っている。 当然であるが、この曲だけでなく、英語の歌はライムに注目して聞く習慣をつける必要がある。詩や歌に限らず、ライムというのは…

You Belong to Me

1952 年に発表されたこの曲は、数多くの歌手によって録音されたが Jo Stafford のものが最もヒットしたらしい。映画『キャロル』では この曲に関しては、Helen Foster のものが使われた。50 年代に海外でサービスをしている米国民から最もリクエストの多かっ…

Goodbye Mr. Tears

1965 年の浜口庫之助の曲だが、日本で一番ヒットした Johnny Tillotson の EP が家にあって聞いていたなあと思い、下の 2:44 から始まる英語の方(A面)を聴いてみたが、なかなかリスニングの参考になる。/f/ の発音するときって、上の唇が邪魔だったらアヒル…

Mona Lisa

Nat King Cole の 1950 年の曲。娘の Natalie Cole も 1992 年にこの曲をカバーしている。 1950: Nat King Cole: Dennis Day: Victor Young: Art Lund: Harry James and his Orchestra: Ralph Flanagan: Charlie Spivak: Moon Mullican: Jimmy Wakely: 1956:…

Stupid Cupid

Howard Greenfield と Neil Sedaka のコンビによる 1958 年の曲。自分たちのレコーディングをする前、コニー・フランシスは彼らの重要な顧客の一人であった。 1958: Connie Francis: Maureen Evans: 1959: Neil Sedaka: ?: Patsy Cline: 1960: 森山加代子: 1…

Oh! Carol

発売されたばかりの『群像』の8月号に筒井康隆と蓮實重彦の対談「同時代の大江健三郎」を読んでいたら、ニール・セダカの “Oh, Carol” が出てきて、今日は当然これでしょう。1959 年の曲である。 歌詞はつけるまでもないと思うけども載せておく。 Oh! CarolI…

Any Place I Hang My Hat Is Home

/l/ と/r/ ばかりやっていたら、周波数強調がかかりすぎて /l/ を聞くと耳がキンキンするので休憩。Harold Arlen 作曲、Johny Mercer 作詞による1946年のミュージカル “St. Louis Woman” の曲である。Barbara Streisand のものが最も有名だろう。 Free and e…

I’m a Stranger Here Myself

1943 年にクルト・ヴァイルが 作曲し、オグデン・ナッシュが作詞した歌。ブロードウェイ版の One Touch of Venus に出演した Mary Martin の歌である。 Tell me, is love still a popular suggestionOr merely an obsolete art?教えて頂戴、愛ってまだ人気の…

Specialization (補足)

この曲は、見かけとは裏腹にかなり捻ってあって難しいので、歌詞と注をわかる範囲でつけておく。歌詞もこれが正しいのかわからない。 (Frankie Vaughn)If you peruse the people in the news,※ peruse: よく調べることthe people that the magazines refer t…

Bewitched, Bothered and Bewildered

Rodgers & Hart によって 1940年のブロードウェイ・ミュージカル “Pal Joey “ のために作られた曲。このミュージカルは、ジーン・ケリーが主演だった。オリジナルの際どい方の歌詞は Ella Fitzgerald が歌っていて歌詞もそこに字幕で掲載されているのでそち…

Aura Lee

“Love Me Tender” の元歌である “Aura Lee” は南北戦争の頃の歌らしいけど、これも良いなあ。 上の Eddie Albert の歌唱の歌詞を下に挙げておく。 As the blackbird in the spring, ‘Neath the willow tree, Sat and piped, I heard him sing, Singing Aura …

I’ll Take You Home Again, Kathleen

エルヴィス・プレスリーは、1958年に2年間の徴兵通知を受けて西ドイツの米国陸軍基地で勤務しているが、その間の 1959 年にこの曲を私家録音したものが残っている。ピアノはプレスリー自身によるものであろう。 前の記事にあえてプレスリーの後年の録音を付…

Where Are You

1936 年のJimmy McHugh による作曲、歌詞は、Harold Adamson。Mildred Bailey のカバーの Roy Eldridge のトランペットはよいなあ。 1936: Tommy Dorsey: Bunny Berigan: 1937: Mildred Bailey: ※ Mildred Bailey (vcl) Roy Eldridge (tp) Scoops Carey (as)…

Mack the Knife

エラ・フィッツジェラルドが 歌詞を忘れて即興で歌っている中に、Bobby Darin の名前も出てくるが、37歳で亡くなったこの歌手による ”Mack the Knife" は、最も有名なこの曲のカバーである。ベルリンで 1928 年に初めて上演されたベルトルト・ブレヒトの『三…

雑記

"My Funny Valentine"の歌詞を取りあげてみる。 You're my funny valentine,Sweet comic valentine,You make me smile with my heart.Your looks are laughable, un-photographable,Yet, you're my favorite work of art.Is your figure less than Greek?Is …

My Funny Valentine

1937 年の Rodgers & Hart による曲。 1944: Hal McIntyre and his Orchestra: 1953: Gerry Mulligan Quartet: ※ Chet Baker (tp), Gerry Mulligan (bar), Carson Smith (sb), Larry Bunker (dm) Frank Sinatra: 1954: Chet Baker: ※ Chet Baker (vo), Russ …

Falling in Love With Love

Rodgers & Hart の 1938年の曲。初期の演奏は時間がなくてよく調べられていない。『恋に恋して』は違うんじゃないか。歌詞に次のようにある。 I fell in love with love with love everlasting. 最初の Love は愛している「状態」、二番目の Love は愛する「…

Have You Met Miss Jones?

1937年の Rodgers & Hart による作品。Legrand Jazz の曲も総て終わってしまった。改めて聴いてみると、まだ 20 代後半だった Legrand のアレンジって凄いなあ。 1937: Leo Reisman and his Orchestra: 1946: Bernie Leighton Quartet: 1950: Gerry Wiggins …

This Can’t Be Love

1938 年の Rodgers & Hart による曲。「新しい日本を創る提言誌 Voice 」の 7 月号に載っている『映画にとってたばことは何か』でも読もう。「禁止することを禁止する」っていうのが60 年代だとしたら、今の時代は何なんだろう。道を歩いたときに、表現は別…

The Lady Is a Tramp

Rodgers & Hart の名曲である。最近だと、Lady Gaga と Tony Bennett が歌っていた。キリがないので一部だけを紹介する。 歌詞にでてくるNoel Caward は、エルンスト・ルビッチの傑作『生活の設計』(1933, Design for Living) の脚本を提供しているので(もっ…

Django

これも Legrand Jazz から。いうまでもなくModern Jazz Quartet (MJQ) のピアニストでありリーダー格でもあった John Lewis が Django Reinhardt に捧げて作った曲であるが、この曲を含んだアルバム “Django” を聴くことにした。演奏は 1953 年から 55 年に…

Nuages

これも Legrand Jazz から。曲名は、フランス語で「雲」の意味。Django Reinhardt の最も著名な曲のひとつであり、ナチスに占領されたヴィシー政権下のフランスで人々に愛された曲である。しかし、偽物の方がはるかに視聴回数が多いなんて……明らかに違ってい…

Once Upon a Summer Time

1959 年に Verve から出た Blossom Dearie によるピアノの弾き語りアルバムである。Dearie はこの前にパリで The Blue Stars というヴォーカル・グループを作って活動していたことがあって、そのグループには Michel Legrand の妹さんChristiane Legrand も…

‘Round Midnight

これも、Legrand Jazz から。Miles Davis の、しかも一つの演奏だけで済ませるのはジャズじゃないが、かといって他の演奏を全部紹介することも到底不可能なので記事にすることは止めようと思ったが、気が変わってやっぱり最小限でも載せておくことにした。作…

Wild Man Blues

これも Legrand Jazz から。Jelly Roll Morton と Louis Armstrong が共作したといわれる曲だが、これはどうも怪しい。この曲のタイトルを題名にもつウディ・アレンが出演している1997年のドキュメンタリー映画があるが見ていない。最初にロードショーで見た…