A Lover’s Concerto

そういえば、Sarah Vaughn の S の後の a は /e/ で読む。augh は /ɑː/ でよい。 日本語の5つの母音と米語の母音を照らし合わせてみると「い」の附近にはより弛緩した /ɪ/ とより 緊張した /i/ がある。「う」の附近にはやはり、より弛緩した /ʊ/ とより 緊…

Stand by Me

YouTube で 2 億回近く再生されている1961年のこの曲をここであえて挙げるのは別に人生観が変わったわけではなく、前の記事で挙げた “Oh, Carol” 以外にも /æ/ の発音の典型例をもう一つ挙げておきたかったからである。前の記事でもあったように darlin’ の …

雑記

英語だと lingerie の発音は、/lˈænʒri/ で 綴字の i を /æ/ で発音するが、米語では /ɑ/ であるので、a 以外の文字で、/æ/ になるのは、彫刻家の Rodin (/rˈoʊdæn/ であるとか、「音色、音質」を意味する timbre(/tˈæmbɚ/) ぐらいの少数の単語に留まる。つ…

Shoo Fly Pie and Apple Pan Dowdy

Shoo Fly Pie (写真上)と Apple Pan Dowdy(写真下) は Pennsylvania 州に移住してきたドイツ語圏の移民たちによる “Pennsylvania Dutch cuisine” のデザートである。この曲は、1945 年に出版された曲で Dinah Shore と Stan Kenton 楽団のものが有名である。…

雑記

スタンダード曲を聴いていると “love” という単語がもの凄い頻度で出てくるので、さすがにlove の母音である /ʌ/ の音はいいのではないか。「あ」の音に近いがもう少し喉の奥で鳴らす音である。最近の母音図を見ると /ʌ/ を円唇にすると /ɔ/ になるような位…

Indescribably Blue

1966 年のプレスリーの曲。 Our friends all ask meThe last time I saw youAnd I smile and tell themIt's been a day or twoThere's no way to explain itThe way that I miss youAnd my love, you have left meIndescribably blueI talk to your pictureM…

I Will Follow You

Follow の米語の発音は、/´fɑloʊ/ である。日本語にない発音のオンパレードであり、ストレスも最初の音節にかかる。/ɑ/ の音は直前の loveにある /ʌ/ と比較することができる。どちらも非円唇である(非円唇とは、円唇でなければ音はどれもそんなに変わらない…

雑記

すでに紹介した Ella Fitzgerald の “Bewitched, Bothered, Bewildered” は 20 世紀が残した美しい名唱だと個人的に思っている。 当然であるが、この曲だけでなく、英語の歌はライムに注目して聞く習慣をつける必要がある。詩や歌に限らず、ライムというのは…

You Belong to Me

1952 年に発表されたこの曲は、数多くの歌手によって録音されたが Jo Stafford のものが最もヒットしたらしい。映画『キャロル』では この曲に関しては、Helen Foster のものが使われた。50 年代に海外でサービスをしている米国民から最もリクエストの多かっ…

Goodbye Mr. Tears

1965 年の浜口庫之助の曲だが、日本で一番ヒットした Johnny Tillotson の EP が家にあって聞いていたなあと思い、下の 2:44 から始まる英語の方(A面)を聴いてみたが、なかなかリスニングの参考になる。/f/ の発音するときって、上の唇が邪魔だったらアヒル…

雑記

一般論だけど書くことないので。 個人的にそう思っているにすぎないのだが、赤ちゃんが言葉を覚え始めて「マーマー」とか「マンマ」とか言い始めるのは偉大な進歩 だと思う。言葉が分節されていることを理解したのだ。 英語のリスニングも、英語の音の分節の…

Suppose

1967 年のエルヴィスのホーム・レコーディングをダブしたもの。 Suppose no rose should ever grow againSuppose no brook should ever flow againSuppose no star should ever glow againSuppose you didn't love me Suppose there were no bees or butterf…

雑記 (3)

神山孝夫さんが書かれた「脱・日本語なまり」という本にある発音のテスト10題は極めてわかりやすく、自分の発音をチェックするのに有効だと思う。もちろん、これだけでは不足だと思うけど、後、何題か付け加えれば実用的には充分という気もする。20 題以内で…

Mona Lisa

Nat King Cole の 1950 年の曲。娘の Natalie Cole も 1992 年にこの曲をカバーしている。 1950: Nat King Cole: Dennis Day: Victor Young: Art Lund: Harry James and his Orchestra: Ralph Flanagan: Charlie Spivak: Moon Mullican: Jimmy Wakely: 1956:…

雑記 (2)

簡単にいうと「広東麺」でも「ワンタン麺」でもいいのだが、三つある単語の「ん」の最初は英語の /n/ で次の「ん」が英語の/m/ で最後の「ん」が英語の /ŋ/ である。 皆、同じ 「ん」にしか聞こえていないんだとしたら、やっぱり日本語のフィルターがかかっ…

Yesterdays (再掲)

英語の例示として何かというとビートルズの ”Yesterday” が使われる退屈さを避けるために、 すでに取り上げた “Yesterdays” を再度取り上げてみる。 Yesterdays - ノリの悪い日記 この中から、Billie Holiday の 1952 年の録音を下に挙げて、歌詞も掲載して…

雑記

少し前の記事で、音節の最初(onset)で子音が連続する場合、その最大数は 3 で、先頭の子音は必ず /s/ 、その次にとれるのは破裂型の /p/, /t/, /k/ のどれかで、最後の子音は /l/, /r/, /w/, /j/ の共鳴型のどれかであると書いた。例をもう一度挙げると spla…

Stupid Cupid

Howard Greenfield と Neil Sedaka のコンビによる 1958 年の曲。自分たちのレコーディングをする前、コニー・フランシスは彼らの重要な顧客の一人であった。 1958: Connie Francis: Maureen Evans: 1959: Neil Sedaka: ?: Patsy Cline: 1960: 森山加代子: 1…

Oh! Carol

発売されたばかりの『群像』の8月号に筒井康隆と蓮實重彦の対談「同時代の大江健三郎」を読んでいたら、ニール・セダカの “Oh, Carol” が出てきて、今日は当然これでしょう。1959 年の曲である。 歌詞はつけるまでもないと思うけども載せておく。 Oh! CarolI…

英語の勘所 (20)

聴覚過敏になると嫌なので /l/ と/r/ の違いを日本人がわからないというのは、「わかりやすさ」からくる嘘に過ぎないというところから始まった一連の記事を唐突にまとめて終えることにする。 そもそも/l/ と/r/ の音がどう違うかはすでに研究結果が報告され…

Any Place I Hang My Hat Is Home

/l/ と/r/ ばかりやっていたら、周波数強調がかかりすぎて /l/ を聞くと耳がキンキンするので休憩。Harold Arlen 作曲、Johny Mercer 作詞による1946年のミュージカル “St. Louis Woman” の曲である。Barbara Streisand のものが最も有名だろう。 Free and e…

雑記

なんかしつこ過ぎだと自分でも思うのだが、”Love Me Tender” を聞いてみる。 歌詞にある英語と米語で綴りが違う fulfill (米語綴り) という単語は f が 2 回出てきて l が 2 回出てきて、英語の発音や聞き取りの練習にうってつけである。発音は最初の l で側…

I’m a Stranger Here Myself

1943 年にクルト・ヴァイルが 作曲し、オグデン・ナッシュが作詞した歌。ブロードウェイ版の One Touch of Venus に出演した Mary Martin の歌である。 Tell me, is love still a popular suggestionOr merely an obsolete art?教えて頂戴、愛ってまだ人気の…

雑記

しつこくて申し訳ないが、 1) 子音+母音 2) 母音 +子音 の 1) の方で、英語の無声子音の場合には子音と母音の間隔が長いので、その間に「声」ではなく「息」の音だけの期間があることを説明したつもりである。英語のリスニングで大事なことの一つは、この「…

Specialization (補足)

この曲は、見かけとは裏腹にかなり捻ってあって難しいので、歌詞と注をわかる範囲でつけておく。歌詞もこれが正しいのかわからない。 (Frankie Vaughn)If you peruse the people in the news,※ peruse: よく調べることthe people that the magazines refer t…

Bewitched, Bothered and Bewildered

Rodgers & Hart によって 1940年のブロードウェイ・ミュージカル “Pal Joey “ のために作られた曲。このミュージカルは、ジーン・ケリーが主演だった。オリジナルの際どい方の歌詞は Ella Fitzgerald が歌っていて歌詞もそこに字幕で掲載されているのでそち…

雑記 (3)

前の /l/ と /r/ の関連でさらに補足する。 1) 子音 + 母音2) 母音 + 子音 で子音と母音が重ならなければ、無声子音であるが、日本語では 1) の無声子音の場合、子音と母音の間隔があまりにも短すぎて、喋っている本人すら別々に音を出しているという認識が…

雑記 (2)

前の記事の /l/ と /r/ について書くことにする。/l/ と /r/ がどういう音かを復習してみる。アメリカ英語では /l/ は多くの場合、舌先を上歯茎の上の方につけて中央から出る空気を遮り、舌の両側面から空気を部分的に出すことで達成される。なお feel のよ…

雑記

あまり書くことがないので、またまた Presely の “Love Me Tender” をネタにする。 この曲を取り上げた元々の意図は、L の音が共鳴しているところ(“All my dreams fullfilled” みたいなところ)が、この曲の一番の聴かせどころでしょうってことを示したかった…

Aura Lee

“Love Me Tender” の元歌である “Aura Lee” は南北戦争の頃の歌らしいけど、これも良いなあ。 上の Eddie Albert の歌唱の歌詞を下に挙げておく。 As the blackbird in the spring, ‘Neath the willow tree, Sat and piped, I heard him sing, Singing Aura …