没後30年

今年は美空ひばりの没後 30 年だったなあ。

1937 年生まれの美空ひばりの舞台デビューは1946 年 9 月 (9 歳)、横浜市磯子の映画館「アテネ劇場」とされており、その頃の芸名はまだ美空和枝であった (1947 年に「ひばり」となる)。ディック・ミネの「旅姿三人男」(1938) を歌ったという。

同じ 1946 年 12 月にNHKの「のど自慢素人音楽会」の予選に裾の長い真っ赤なドレスで出場したが、当時の「子供の歌」という既成概念を完全に覆しており、合格の鐘も不合格の鐘も鳴らず、単に歌うのをストップさせられたというのは有名な話だ。小柄で実際の年齢よりも幼く見えるが、声変わりをほとんど経験せず最初からあの低い声だった。「子供の歌」というのは、ひばりよりもやや年長の川田正子(当時13歳) の「とんがり帽子」(1947) のようなイメージだったのだろう。

1948 年 5 月には、「あきれたぼういず」をすでに解散し、病気療養から復帰した 川田晴久 (当時、義雄) と知り合う。川田がひばりを松竹の斎藤寅次郎監督に紹介したという。ひばりは、レコード・デビューよりも前に映画デビューして歌った。つまり、初期の歌声は、レコードよりも映画作品にはるかに多く残されている。映画デビュー作品は、1949 年 3 月の『のど自慢狂時代』(斎藤寅次郎監督) だが、現存するフィルムは不完全版であり、ひばりの登場部分はフィルムがロストしている。

現存する中でもっとも古いといわれるのが、1949 年 6月 (11〜12歳) の『新東京音頭 びっくり五人男』(斎藤寅次郎監督) で、DVD として入手可能なものは、新東宝が後年、短縮編集して『ラッキー百万円娘』として再公開したものであり、やはり完全なものではない。この作品ではひばりが「花売り娘」の役で交通事故に遭う。歌としては、最近見つかったものも含めて、松平晃「小鳥売の歌」(1939)、

笠置シヅ子の『東京ブギウギ』『ジャングル・ブギ』(替え歌)、岡晴夫の『憧れのハワイ航路』『港シャンソン』、古川ロッパとの二重唱 (題名不明) などが存在している。

オリジナル曲によるレコード・デビュー曲
は、1949 年 8 月の『踊る竜宮城』(佐々木康) で歌われた『河童ブギウギ』である。

斎藤寅次郎監督の映画、ほとんど見ていないので 『憧れのハワイ航路』(1950) を見てみることにした。岡晴夫美空ひばりの主演映画である。すでに紹介した下のクリップはこの作品のものである。

また、レコード化は時間があいているが、『ひばりの花売り娘』 もこの作品で歌われている (レコードのラベルに『父戀し』主題歌とあるが間違い)。

なお、「花を召しませ」いう歌詞は、1939 年の『廣東花賣娘』が最初なのだろうか?

港に赤い灯がともる

海水魚って、どうやって水分補給するんだろうと不図、疑問に思ったが、やっぱり海水をゴクゴク飲んで塩分を体外に排出しているんだ。淡水魚は浸透圧の関係で、逆にエラなどから水が体内に吸収されていくので、積極的に水を飲まない。逆に体内の余分な水を外に出す仕組みが重要になる。

岡晴夫の曲。

1939:
上海の花賣り娘:

パラオ戀しや:

シャンソン:

1946:
東京の花売娘:

1947:
港に赤い灯がともる:

啼くな小鳩よ:

1948:
憧れのハワイ航路:

1950:
人は誰でも:

マドロスの唄:

とりとめなく (2)

本当にとりとめなく聞く。

日本特派員だったバートン・クレーンの歌を二曲。

1931: (バートン・クレーン)
酒が飲みたい:

ニッポン娘さん:

※ 東京の娘さんのところは「東京の娘さん、いかがです、銀座ガールつれない、いつでも冷淡」と言っている。名古屋の娘さんのところは「食べることならない、金の鯱鉾ネ」である。大阪は「僕大変好きます、さよかアホらし」、最後は「ニッポン娘さん」を歌っている。//

三沢あけみ。新人賞を貰った曲。

1963:
島のブルース (三沢あけみ):

とりとめなく

これは小国英雄が脚本だけではなく、日活から東宝へ移籍し監督もした、『ロッパ歌の都へ行く』(1939) の断片だと思う。

場所は日劇で、司会しているのが「悦ちゃん」なのかなあ (自信なし)。淡谷のり子が『雨のブルース』、上原敏が『親戀道中』、松島詩子が『ふるさとの母』、服部富子が『満州娘』、ディック・ミネが『上海ブルース』、渡邊はま子が『支那の夜』、徳山璉 (たまき) が 『太平洋行進曲』を歌唱している姿のある、非常に貴重な映像である。ディック・ミネの演奏は震える。この頃はまだ「三根耕一」ではなく、はっきりと「ディック・ミネ」と呼ばれている (カタカナの芸名の改名を命ぜられるのは 1940 年)。徳山璉のところで楽団 (PCL管弦楽団、現在の東響の前身) の指揮をとっている人は、服部良一であろう。観客の拍手しているところなんかの編集は不気味なまで不自然だし、最後の軍国映像も不快だし、やっぱり脚本の方がこの人は向いているというような映像だが、資料としての価値は高いと思う。

それから、バタヤンの名曲をなんとなく聞いて涙が出そうになる。

十九の春:

奄美エレジー:

現在の、しかも日本という時間と空間の枠の中に閉じこもることでひたすら退廃し、荒唐無稽で生々しい具体的細部をも圧殺することで抽象化しきった、 J-POP とやらの歌詞の凡庸さには辟易するしかないが、その一方、古い (といっても、高々100 年に過ぎない) 歌謡の歌詞は、名曲でなくてもまるで日本語の新しい可能性を開いてくれるようである。そういった意味で、ゴダールが「私たちに未来を語るのは“アーカイブ”である」というのは決定的に正しい。

「娘突進」っていったいどういうこと?とその言葉を聞くものは、ただひたすら、狼狽えるしかない。

娘突進!:


「とことんやれのホイサッサ」

茶屋小町:


「猪牙」という言葉を始めて覚えた。

隅田ばやし:

ワイントラウブ シンコペーターズ

憲法の意義を完全に無効にする全権委任法の成立によって独裁体制が合法化され、ヴァイマル共和国が無残にも崩壊し、20 世紀の悪夢となった第三帝国が生まれる三年ばかり前のドイツで、監督ジョセフ・フォン・スタンバーグと新人女優マレーネ・デートリッヒが『嘆きの天使』(1930) の製作をきっかけとして初めて遭遇したことは、映画史が神話の域で語りついでいる。その作品で、実直な教師 (エミール・ヤニングス) を破滅させる踊り子ローラを演じたデートリッヒが脚線美を露わにしつつ退嬰的に唄う "Ich bin von Kopf Bis fuss auf Liebe (Falling in Love Again)" もまた忘れようがない。この作品はドイツの最初期のトーキーでもあった。

この録音のバックの演奏をしているのが、ヴァイマル共和国のベルリンで活動していたジャズ・バンド Weintraub's Syncopators である。この楽団の団員の多くはユダヤ人で構成されていたため、ナチスの独裁が始まると専らドイツ国外で演奏活動を行うようになる。1936 年には日本でも公演を各地で行なっており、その演奏が評判をよんだ。古川ロッパの同年の日記からは、ロッパが計二回この楽団の演奏会に出かけたことがわかる。二度目はそうでもなかったようだが、一度目のときはかなり興奮した様子で、

日劇へ評判のワイントラウブジャズバンドをきゝに行き、痛くこれに感激した。よろしい、これはよろしい。(中略) ワイントラウブジャズバンドを見て、これだと思った。これを日本風に消化したものこそ、これから受けるものである、それ! これを作らう。

と記している。日本滞在中に吹き込んだと思われる音源があったので、それをあげておく。


東京オリムピック

やがて敗戦という結果に至る時局により、実際に開催されることはなかったが、「大きなプロパガンダ効果が期待できる」としてアドルフ・ヒトラーが開催した 1936 年のベルリン・オリンピックに続く 1940 年の開催地は、二・二六と阿部定事件が起きた 1936 年に国際オリンピック委員会 (IOC) によって東京とすることが決定された。

開催が決まった 1936 年に古川ロッパが歌った下の曲は、いまそれが歌われてもおかしくないような内容だが、それが実際に歌われないのは、単に現在の文化の貧しさにもとづくものではないかと、つい思ってしまう。

ここからは、上原敏の曲の続き。

流轉:

霧の波止場:

夜霧の出船:

俺は船乗り:

街の波止場:

誰かが何処かで笑ってる:

月見踊り:

戀の繪日傘:

濡れ髪牡丹

日本映画黄金期の大スター、京マチ子市川雷蔵という、これ以上何を望めばいいのかと思うような贅沢な共演で、時代劇でありながらソフィスティケイテッド・コメディでもある。おまけに京マチ子の入浴シーンまである。目にも色鮮やかな紫の傘の柄に仕込まれた刀が抜かれたとき、京マチ子が舞踏のように演じる殺陣は、キン・フー監督の映画のチャン・ペイ・ペイとはまた違った格別な優美さがある。殺陣の最中に真上から開いた日傘を俯瞰したショットは、傘が出てくる映画の場面集の一つとして必ず入れたくなる秀逸さである。戦前からの伝統を受け継いだ熟練したスタッフは、美しい雪まで降らしてくれている。監督は溝口健二黒澤明のチーフ助監督をしていた田中徳三監督。かつて国際的な映画祭でグランプリを連発した大映京都撮影所の 1961 年の佳作である。

ストーリーは極めて他愛ない、かぐや姫の婿選びの翻案のようなもので、三千人の手下を持つ女親分 (京マチ子) が婿候補に次から次へと試験を課して、名乗り出た候補者はみな脱落していく中、市川雷蔵が現れて三度目の正直で京マチ子を射止めるというものである。市川雷蔵は、柔術起倒流、算盤は直指流、剣術は柳生新陰流、忍術は甲賀流種子島砲術は免許皆伝の腕前、甲州流早駆けは免許皆伝の足前、かつて僧籍にあった身で読経もできる、歌舞伎は成田屋免許皆伝、お茶は千家で、華道は池坊、礼法は小笠原流で書道が大師流、おまけに絵も描けば、俳句も切れる、歌も詠んじゃう、縫い物、料理も得意、和蘭医学を十年極めた、千手観音も裸足で逃げるという役どころを嫌味なくやっている。

こんな楽しい映画を一ヶ月に一本のペースで作っていたのだから、当時の日本映画の実力は想像を超えている。往時の観客はあまりにも目が肥え過ぎていて、その当時の投書には雷蔵が二丁の算盤で同時に計算する場面で、算盤を弾く手のアップは、雷蔵の手にはみえないとかケチをつけているものがあった。此方はそのショットを見ていてもそんなこと全然気付きもしなかった。雷蔵の映画を何本もいつもあたり前に見ていたから、雷蔵の手がどんな風であるかまで覚えているのだ。

京マチ子はいったい、いくつの表情と仕草を持っていたのだろう。ほんのちょっとした表情や仕草の一挙手一投足が、美しさ、可愛いらしさ、男勝りの気丈さとして、次から次へと変幻自在にピシャリピシャリときまっていき、それを見ているものは全てを瞬間的に悟るとともに、無上の幸福感で充されてしまう。